パートナーエージェントに乗り換えたら割引できる?

パートナーエージェントに乗り換え割引はない

パートナーエージェントに乗り換え割引はない

パートナーエージェントには残念ながら乗り換え割引はありません。しかし、オーネット・ノッツェ・ツヴァイ・サンマリエなどのデータマッチング型の結婚相談所を使って満足できなかった人は、仲介型であるパートナーエージェントと相性が良い可能性があります。

パートナーエージェントは資料請求をすることで割引券またはお得なキャンペーン情報が手に入ります。資料請求は無料なので是非申し込んではいかがでしょうか。

\ONLINE面談実施中!/
※強引な勧誘は一切ありません。

パートナーエージェントに乗り換えた方が良い人

パートナーエージェントに乗り換えた方が良い人
乗り換えた方が良い人
  1. 手厚いサポートを受けたい人
  2. 本気度が高い相手とお見合いしたい人
  3. 自分から積極的にアプローチできない人

パートナーエージェントに乗り換えた方が良い人について解説します。乗り換えた方が良い人は「手厚いサポートを受けたい人」「本気度が高い相手とお見合いしたい人」「自分から積極的にアプローチできない人」といったデータマッチング型の結婚相談所で満足できなかった人です。

データマッチング型の結婚相談所とは、会員データをもとに会員同士をマッチングさせる方式の結婚相談所のことです。専用のサイトから希望に合った相手を見つけメッセージを送り、相手からOK貰えればお見合いが始まるという流れになります。

仲介型であるパートナーエージェントであれば専任のコンシェルジュによる手厚いサポートが受けられます。データマッチング型の結婚相談所で満足できなかった人はパートナーエージェントに乗り換えることで満足する可能性が高いです。

\ONLINE面談実施中!/
※強引な勧誘は一切ありません。

1.手厚いサポートを受けたい人

データマッチング型の結婚相談所では、実際会うところまでサポートしてくれます。しかし、マッチングしてからのサポートはなく婚活してる会員自身が主体で活動します。

一方で、仲介型であるパートナーエージェントであれば、会う場所のセッティングやアプローチ、交際の仕方といった手厚いサポートもしてくれます。

2.本気度が高い相手とお見合いしたい人

データマッチング型の結婚相談所の場合、コンシェルジュによるサポートがないため費用が安く抑えられてます。費用が安い分、結婚への本気度がそこまで高くない人も会員に混ざってます。

パートナーエージェントの場合、料金だけでなく入会審査もしっかりしてるので会員の質が高いです。本気度の高い会員がいなくて困ってる人はパートナーエージェントに乗り換えた方が良いでしょう。

3.自分から積極的にアプローチできない人

データマッチング型の結婚相談所の場合、実際にお会いするところまではしっかりとサポートします。しかし、実際お会いしてからのサポートはほとんどなく、その後のやりとりは会員主体となります。

自分から積極的にアプローチできない人だと上手くいかないことが多いでしょう。パートナーエージェントであれば実際にお会いしてからのサポートも手厚いです。自分からアプローチできない人はパートナーエージェントに乗り換えると良いでしょう。

パートナーエージェントに乗り換える上での注意点

パートナーエージェント乗り換える上での注意点
乗り換える上での注意点
  1. 紹介相手が被る可能性がある
  2. 費用が高くなる可能性がある
  3. 近くに店舗がない可能性がある

パートナーエージェントに乗り換える上での注意点をご紹介します。注意点は「紹介相手が被る可能性がある」「費用が高くなる可能性がある」「近くに店舗がない可能性がある」の3点です。

事前に注意点を確認することで、後悔なくパートナーエージェントに乗り換えられます。乗り換えを検討してる人は是非参考にしてみてください。

\ONLINE面談実施中!/
※強引な勧誘は一切ありません。

1.紹介相手が被る可能性がある

パートナーエージェントでは、Connects-hip(コネクトシップ)という会員相互紹介のプラットフォームと提携してます。Connects-hip(コネクトシップ)と提携することで他社の会員も紹介できるようになります。

例えば、パートナーエージェントの会員でもエン婚活エージェントの会員を紹介可能なるのです。Connects-hip(コネクトシップ)に参加してる代表的な結婚相談所は「ゼクシィ縁結びエージェント」「エン婚活エージェント」「ノッツェ」「官公庁マリッジ」「マリックス」などが挙げられます。

今入会してる結婚相談所が提携してるのが同じコネクトシップである場合、紹介される相手が被る可能性があります。IBJメンバーズなどの日本結婚相談所連盟の加盟会社からの乗り換えの方が出会える会員が被る心配がないのでおすすめです。

関連記事:パートナーエージェントが運営する「コネクトシップ」とは?

2.費用が高くなる可能性がある

パートナーエージェントに乗り換えることで費用が高くなる可能性があります。特にデータマッチング型の結婚相談所は費用が安く抑えられてるため、仲介型であるパートナーエージェントに乗り換えると費用は高くなるでしょう。

パートナーエージェントの費用に関しては下記の記事で解説してます。下記の記事をご覧になることで料金に関する疑問点は全て解決するはずです。是非参考にしてみてください。

関連記事:パートナーエージェントの料金体系|プラン別に解説

3.近くに店舗がない可能性がある

北海道札幌
関東横浜・大宮・船橋
高崎・水戸
東京新宿・銀座・銀座数寄屋橋
池袋・上野・丸の内
中部名古屋・岡崎
静岡・浜松
関西大阪・なんば・京都・神戸・姫路
中国広島
九州福岡・北九州

パートナーエージェントはコンシェルジュによる対面のサポートがあるため定期的に店舗に通う必要があります。そのため、近くに店舗がない方の入会はお断りしてます。

パートナーエージェントは全国展開してますがどの地域にもあるわけではありません。乗り換えを検討してる方はまずお近くに店舗があるか確認してみましょう。

関連記事:パートナーエージェントの営業店舗一覧・閉店店舗一覧

パートナーエージェントに乗り換えた人の口コミ・評判

パートナーエージェントに乗り換えた人の口コミ

パートナーエージェントへ乗り換えた人による口コミをご紹介します。実際に乗り換えた人の体験談を読むことでメリット・デメリットがリアルに伝わります。是非参考にしてみてください。

私は一時期IBJばかりで活動していましたが、担当のコンシェルジュさんから「あそこは美人が多いですからね…」と言われました。パートナーエージェントは、追加料金を払えばIBJも利用できるので、紹介型・データマッチングの両方が利用可能でした。相談所掛け持ちせずにすむので助かりました。
(引用:Twitter)

僕はオーネットからPAに乗り換え、活動中です。男性は僕みたいに恋愛に奥手の方も結構いるかも知れません。けど、オーネットと違って、PAは同時紹介システムで、顔写真、プロフィール等で表面的に判断しないで、まずは会ってみましょう!という雰囲気なので、ファーストコンタクトの確率が高いのだと思います!!
(引用:Yahoo知恵袋)

ゼクシィの人あんまりいい人いない、、、PAの方がいい人いる気がしてる
(引用:Twitter)

\ONLINE面談実施中!/
※強引な勧誘は一切ありません。
タイトルとURLをコピーしました