[with/アプリ/通報]通報するとどうなる?バレる?違反報告まとめ

[with/アプリ/通報]不審ならすぐ違反報告してOKな理由

アプリwithの通報機能について
不審ならすぐ違反報告してOKな理由
  1. 違反報告しても相手にバレない
  2. 他人も迷惑している可能性大
  3. 運営側の適切な対処で安心

恋活と婚活ができるアプリwithには、より良いマッチングをサポートするために、通報機能が備わっています。

マッチング相手とメッセージをやり取りしたり、実際に会ったりしているうちに、相手の不審な点に気づいたら、すぐに通報しましょう。

「通報が違反者にバレるのが怖い」と思う方もいるかもしれませんが、その心配はありません。

withの運営は、通報してくれた利用者の情報や経緯などを明かすことなく、違反者に対して適正な措置を行ってくれます。

あなた以外にも、迷惑を被っている利用者がいる可能性があるので、被害が増大する前にあなたの勇気ひとつで食い止めることができます。

通報するとどうなるか?すぐに通報するべきトラブル行動など、違反報告に関する情報をまとめました。

\会員登録は無料!/
※18歳未満の方はご登録いただけません。

withアプリ不審ならすぐ通報してOKな理由1:違反報告しても相手にバレない

withアプリで不審な異性と遭遇してしまったら、疑わしい段階で通報することをおすすめいたします。

違反報告しても通報の情報が相手にバレることはないので安心してください。

報告者の情報・違反報告の内容・違反とみなされた判断の根拠は、全て相手に開示されません。

つまり、誰が通報してどんなことが原因で違反となったのか、違反者は全く知ることができないのです。

これでは、誰がどうして通報したのか把握するのは困難でしょう。

相手に不審な点があると思ったら、悩まずに通報することをおすすめいたします。

>>with(ウィズ)公式サイトはこちら

withアプリ不審ならすぐ通報してOKな理由2:他人も迷惑している可能性大

違反行為を行う利用者は、あなた以外にも迷惑をかけている可能性があります。

あなたの勇気ひとつで、他にも救われる同性が大勢いるかもしれません。

プロフィール情報に偽りがあったり、金銭目的だったりする疑いがある場合は、特に深刻です。

公序良俗に反する行為を行う人は、そういうことを繰り返している可能性もあります。

これ以上被害に遭う人が増えないよう、すぐに通報することを強くおすすめいたします。

>>with(ウィズ)公式サイトはこちら

withアプリ不審ならすぐ通報してOKな理由3:運営側の適切な対処で安心

withの運営は、365日24時間体制で監視を行っています。

違反行為の疑いがある通報があった場合、withの運営が適正に情報を判断してから、対象ユーザーの措置を行ってくれます。

しかし、 不振な業者や違反者の対策にも尽力してくれていますが、そのような不審者は手段を変えて何度も潜り込むケースが多いです。

再び不審な業者や違反者が現れたときに、交流のある利用者が見つけて通報していくことが、悪質な違反者を減らすことに繋がります。

with運営のサポート力と健全な利用者の協力があってこそ、違反者排除がスムーズに行われるのです。

相手に違和感や不信感を抱いたらすぐに通報し、違反の判断基準と措置はwithの運営に委ねましょう。

>>with(ウィズ)公式サイトはこちら

[with/アプリ/通報]違反報告する方法/手順

withアプリで違反を通報する方法は?
withで違反報告する方法/手順
  1. プロフィール右上の三点アイコンをタップ
  2. 通報するをタップして画面表示
  3. 違反箇所を選択し具体的な理由を入力
  4. 通報するをタップで報告完了

アプリwithで不審者や違反者を通報する手順はとてもシンプルです。

まず、相手のプロフィール情報を表示し、右上にある三点アイコンをタップしてください。

メニューが表示されるので、下から2番目にある「通報する」をタップして通報画面を表示します。

withの利用規約に違反していると思われる違反箇所を選択し、違反だと思われる具体的な理由を200文字以内で入力します。

最後に、一番下に表示されている「通報する」をタップすれば通報完了となります。

\会員登録は無料!/
※18歳未満の方はご登録いただけません。

[with/アプリ/通報]すぐに違反報告するべきトラブル行動

アプリwithで違反通報すべきトラブル行動
すぐに通報するべき違反/トラブル
  1. ストーカー行為
  2. プロフィール詐称
  3. 卑猥な表現や誹謗中傷
  4. デートの当日ドタキャン
  5. 悪質な他サイトへの誘導
  6. 第三者になりすます行為
  7. ビジネス目的や業者など金銭目的

withアプリですぐに通報するべき悪質な違反行為の代表的な例は、上記の7つです。

マッチングした相手に対しての執拗なストーカー行為・既婚者や年齢サバ読みなどのプロフィール詐称・公序良俗的に反する卑猥な表現や誹謗中傷。

デートの当日ドタキャンも違反行為とみなされることがあります。

より良い相手とのマッチングをサポートするwithでは、このような違反行為は厳しく判断され処罰の対象となります。

他に多いのが、悪質な他サイトへの誘導や、業者によるなりすまし行為です。

金銭目的で近づいてくる悪質業者は即刻排除するべきなので 、 できる限り速やかに通報しましょう。

\会員登録は無料!/
※18歳未満の方はご登録いただけません。

[with/アプリ/通報]違反報告に関するよくある質問

アプリwithで通報するべきかFAQを参考にする女性

withアプリで相手を違反者として通報した場合、どのような措置がとられるのか気になりますよね。

マッチング相手からドタキャンなどの不愉快な行為を受けた場合はどうしたら良いのか迷ってしまう方も多いです。

どのようなケースが規約違反の対象になるのか事前に知っておくことが、トラブル回避に繋がります。

withアプリで通報する前に、該当するかどうか、他に方法がないのかを考えてみましょう。

通報に関するFAQの中で、質問者が多い項目を抜粋しました。

\会員登録は無料!/
※18歳未満の方はご登録いただけません。

withアプリ違反報告FAQ1:通報された相手の処罰はどうなる?

通報した相手がどのような処罰をされるのか気になる方は多いでしょう。

健全なユーザーが安全に利用するため、with運営で適正な措置がとられますので、安心してください。

アプリwithで違反行為をしたと判断された場合、違反者に対して警告マークの付与や強制退会の措置が行われます。

対象者のプロフィールや1通目のメッセージなどから、違反行為をしているかどうか徹底的に調査が行われます。

その結果、公序良俗に反するもの・他人の迷惑となる行為・悪質なビジネスへの誘導・肉体関係を目的とした利用・ストーカー行為などが確認された場合、処罰の対象となります。

>>with(ウィズ)公式サイトはこちら

withアプリ違反報告FAQ2:ドタキャンされたら通報するべき?

withアプリでマッチングした相手と会う約束をした後、一方的にドタキャンされたら誰でも不愉快になると思います。

そのようなケースを極力避けるため、withではドタキャンを禁止行為としています。

利用規約第6条33項に記されている「他の会員と会う約束をした後、これを一方的にキャンセルする行為」がそれに当たります。

でも、当日に何らかの正当な理由があり、相手から連絡があった場合はドタキャンではないので通報は控えた方が良いでしょう。

実際、仕事やプライベートなどの理由で会えなくなるケースは、マッチングアプリ全般で頻繁に見受けられます。

意思の疎通がうまくいかない・相性の問題等、悪意のない理由ならば、通報して相手を刺激せず他の異性に目を向けることをおすすめいたします。

>>with(ウィズ)公式サイトはこちら

withアプリ違反報告FAQ3:ブロック機能と通報の違いとは?

withアプリで出会った人が自分の好みに合わないなど、個人的な理由で関係を断ちたい!

そんなときは、相手を通報するのではなく、ブロック機能を使うのがおすすめです。

違反者として通報すると、相手のアカウントに対して調査が入り、最悪の場合は強制退会となる可能性があります。

心理的な理由で会いたくないのなら、会う前に相手のアカウントをブロックする方が平和的です。

withアプリを通して交流した全ての情報が相手から見えなくなるので、連絡先を教えたり会ったりしていなければ、ブロックするだけで関係を断ち切ることができます。

悪質な迷惑行為をした相手は通報するべきですが、個人的な理由で会いたくない人はブロック機能を使いましょう。

\会員登録は無料!/
※18歳未満の方はご登録いただけません。
タイトルとURLをコピーしました